ホーム  > JGApedia  > JGApedia 法律・制度  > 調剤報酬制度とジェネリック医薬品

背景色

調剤報酬制度とジェネリック医薬品

前号に引き続き今回もジェネリック医薬品に関わる診療報酬制度を取り上げます。今回は、現在のジェネリック医薬品関連の調剤報酬制度について触れてみたいと思います。


調剤報酬制度におけるGE使用促進策
1.後発医薬品調剤体制加算1及び2

後発医薬品の使用促進を考慮して設けられた加算です。当初は、後発医薬品の処方箋の受付回数(処方箋枚数)の割合から算出されていましたが、その後は後発医薬品の使用数量の割合に変更され、現在では後発医薬品の調剤数量割合(新指標)により18点または22点が加算されます。施設基準として後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品について、当該薬剤を合算した規格単位数量に占める後発医薬品の規格単位数量の割合によって加算が適用されます。(薬価基準収載単位で計算)

後発医薬品調剤体制加算
後発医薬品の規格単位数量の割合を算出する際に除外する医薬品は以下のとおりです。

  • (1)経腸成分栄養剤エレンタール配合内用剤、エレンタールP乳幼児用配合内用剤、エンシュア・リキッド、エンシュア・H、ツインライン配合経腸用液(経過措置品目)、ラコール配合経腸用液(経過措置品目)、ツインラインNF配合経腸用液及びラコールNF配合経腸用液
  • (2)特殊ミルク製剤フェニルアラニン除去ミルク配合散「雪印」及びロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合散「雪印」(3)生薬(薬効分類番号510)
  • (4)漢方製剤(薬効分類番号520)
  • (5)その他の生薬および漢方処方に基づく医薬品(薬効分類番号590)

なお、平成26年4月1日以降は先発医薬品と同額又は薬価が高い後発医薬品、後発医薬品と同額又は薬価が低い先発医薬品も除外して計算します。さらに、後発医薬品の調剤を積極的に行っている旨を薬局の内側及び外側の見えやすい場所に掲示するとともに、調剤体制加算を算定している旨を薬局内側の見やすい場所に掲示していること、および当該保険薬局において調剤した薬剤(経腸成分栄養剤、特殊ミルク製剤、生薬、漢方製剤、その他の生薬および漢方処方に基づく医薬品を除く。)の規格単位数量の割合が50%以上であることとなっています。


2.後発医薬品分割調剤

いわゆるお試し調剤と言われる制度で、調剤薬局において、初めて後発医薬品へ変更調剤される患者の不安を軽減する為、平成20年4月より認められました。後発医薬品への変更の際、患者が希望すれば分割して調剤することができ、調剤基本料の特例として算定できます。
分割調剤は、従来、長期処方患者(14日分を超える処方)において、薬剤の保存が困難等の理由により認められていた制度(1分割調剤につき5点)でありますが、後発医薬品の安心使用の観点から、平成20年4月1日より後発医薬品に変更調剤する際にも算定可能となりました。処方箋に記載された先発医薬品を初めて後発医薬品に変更して調剤を行う場合であって、患者の希望により分割調剤を行った場合(お試し調剤として分割することが可能)、2回目の調剤時の調剤基本料は5点を算定することができます(同一の保険薬局において1処方箋の2回目の調剤を行った場合)。
その際、薬剤服用歴管理指導料を除く薬学管理料は算定できません(※)。※長期処方に伴う分割調剤では、2回目の調剤時は全ての薬学管理料が算定できません。さらに処方された薬剤に対する後発医薬品の情報提供が、薬剤服用歴管理指導料の算定要件の一つと
なっています。


3.薬剤服用歴管理指導料

点数として41点(処方箋受付1回につき)が算定され、要件としては以下の全てを行った場合に算定できます。

  • ・薬剤情報提供文書の交付と説明
  • ・服薬状況等の収集と薬剤服用歴管理並びに必要な指導
  • ・おくすり手帳への記載
  • ・残薬確認
  • ・文書による後発医薬品に関する情報提供(後発医薬品の有無、在庫の有無及び価格に関する情報)但し、おくすり手帳への記載を行わない場合は処方箋の受け付け1回につき34点の加算となります。
4.一般名処方における後発医薬品選択の明確化

一般名処方が行われた医薬品について原則として後発医薬品が使用されるよう、患者に対し後発医薬品の有効性、安全性や品質について懇切丁寧に説明をし、後発医薬品を選択するよう努めることが規定されています。後発医薬品を調剤しなかった場合は、その理由を調剤報酬明細書の摘要欄に記載することとなっています。


なお、「先発医薬品」「後発医薬品」の区分は、厚生労働省のホームページにて確認できます。

使用薬剤の薬価(薬価基準)に収載されている医薬品について

http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/03/tp120305-01.html