ホーム  > JGApedia  > JGApedia 知っ得!豆知識  > 「ジェネリック医薬品情報提供システム」について

背景色

「ジェネリック医薬品情報提供システム」について

本日紹介する「ジェネリック医薬品情報提供システム」は、日本ジェネリック製薬協会(以下GE薬協)が運営するITを活用したジェネリック医薬品の情報提供システムです。このシステムは医療関係者や一般・患者と会員企業をネットで結び、必要な情報を迅速に提供いたします。

システムを開発した背景には、ジェネリック医薬品の情報を一元的に管理・提供することが望まれていたこと、医療関係者がネットで情報収集する割合が増えてきていたことがあります。またMRの少ないGE企業の情報提供体制を補完できるということもあり、ジェネリック医薬品の新しい情報提供手段としてITを活用した情報提供のシステム開発に着手し、平成22年4月から運用を開始しています。

システム概要


システムの特徴、機能等
(1)システムの特徴

本システムは、医療関係者や一般の方が必要とする情報をGE薬協のサイトを通じて適宜、迅速に提供するもので、特徴は次の通りです。

  • ・医療関係者は、個別企業にアクセスしなくても、このシステムを窓口として、複数の医薬品を複数の企業に一括して資料請求し、迅速に資料を収集することができます。
  • ・GE薬協のサイトに大きなデータベースを必要としません(提供すべき情報は会員各社が常に最新情報を用意しています)。
  • ・ジェネリック医薬品企業は、このシステムを活用することにより、情報提供能力を補完し、医療関係者が求める情報を適時、的確に提供することが可能となります。
(2)システムの内容と機能

本システムには「医療関係者向け」と「一般向け」のシステムがあり、それぞれ次の機能があります。


◎医療関係者向けシステム
医療関係者向けのシステムには、「文献検索システム」と「情報提供システム」があり、医療関係者に有用な情報をスピーディーに提供することを目的としています。


1)文献検索システム
GE薬協信頼性向上プロジェクト文献調査チームが収集、評価を行っている文献、学会報告の要旨が検索できます。

2)情報提供システム
1ジェネリック医薬品検索機能

検索は一般名、先発医薬品名、ジェネリック医薬品名のすべてに対応し、剤型、配合剤等を特定した複合検索も可能です。新たに「販売会社」の絞り込みや「薬価順」の並び替え機能も追加しました。検索結果は上段に先発医薬品、下段にジェネリック医薬品が表示されます。一覧では「製品名」「薬価」「効能の差」「経過措置期限」等が確認でき(「効能の差」はポップアップで具体的な効能効果・用法用量の違いが表示されます)、会員企業の製品については、この画面から「品質情報概要」「添付文書」「インタビューフォーム」を直接ダウンロードすることが出来ます。また、一覧から各社の製品情報提供ページにジャンプして、より詳しい情報を確認することも可能です。
2資料請求機能

1の検索画面でチェックした製品は、複数の企業に同時に資料請求することができます。請求する資料は「添付文書」、「インタビューフォーム」、「生物学的同等性試験」、「溶出試験」、「安定性試験」が選択でき、一覧にない資料については自由記述欄を用意しています。請求情報は即座に会員企業に送信され、各企業が資料をシステムにアップロードすると、請求者に案内メールが届き、ダウンロード可能な状態となります(郵送も可)。従来、医療関係者がそれぞれの企業に連絡し、MRが資料を持参していた方法に比べ、はるかに迅速な情報提供が可能となっています(図2)。また資料は電子媒体ですので、そのままPCに保存・管理できます。※資料請求には会員登録が必要です。また、原則として医療関係者以外の資料請求には対応しておりません。

資料請求イメージ

3製品選択型負担差額計算機能

1のジェネリック医薬品検索の要領で検索した特定の製品に対して、複数の組み合わせで薬剤費、患者負担額(1割・3割)、ジェネリック医薬品に変更した場合の患者負担差額(1割・3割)を即座に計算して表示・印刷ができます。
4お問い合わせ機能
GE薬協会員企業の一覧から各社の「問い合わせ」ページにジャンプ、もしくはメーラーが起動し、直接会員企業に各種の問い合わせをすることができます。※新たに会員企業の製品情報ページへのリンクボタンも設けています。

◎一般向けシステム「かんたん差額計算」

患者さんが処方されているお薬にジェネリック医薬品があるかどうかの確認や、ジェネリック医薬品に変更した際の差額が計算できます(複数の組み合わせに対応)。

※後発品に複数の薬価がある場合には差額の範囲で表示されます。


以上が当協会の運営する「ジェネリック医薬品情報提供システム」の概要です。既に利用されている先生方からは高評価をいただいていますが、まだ使用したことがない方には一度このシステムの便利な機能を試していただきたいと思います。

このシステムは会員登録をしなくても、様々な便利な機能を使うことが出来ます。検索結果から薬価の確認はもちろん、先発医薬品との「効能・効果」、「用法・容量」の違いが簡単に確認できますし、直接ダウンロードできる「品質情報概要」を活用して、標準品との添加物の違いや同等性試験結果など、医師、患者さんに情報提供することができます。医

療関係者はもとより、我々業界関係者にも便利な機能がそろっていますので、是非ご活用ください。


※システムデータは毎月10日頃に更新しています。

※どこでもジェネリック医薬品が検索でき、効能効果・用法用量の違いや、薬価・差額が確認できるスマートフォンサイトも用意しています。

QRコード