ホーム  > JGApedia  > JGApedia 知っ得!豆知識  > IGPAの沿革と最近の活動について

背景色

IGPAの沿革と最近の活動について

1.IGPAの沿革と現状

IGPA(International Generic Pharmaceutical Alliance)は、1997年に結成され、 現在以下の7団体が正会員としてIGPAの運営にあたっています。

  • ● 米国ジェネリック医薬品協会:GPhA
  • ● 欧州ジェネリック医薬品協会:EGA
  • ● カナダジェネリック医薬品協会:CGPA
  • ● 日本ジェネリック製薬協会:JGA(2007 年に加盟 )
  • ● 南アフリカ製薬協会(NAPM)
  • ● ヨルダン製薬協会 :JAPM
  • ● 台湾ジェネリック製薬協会:TGPA

正会員の他、以下の3団体がオブザーバー会員として加盟しています。

  • ● ブラジルジェネリック医薬品協会(ProGenericos)
  • ● メキシコジェネリック医薬品協会(AMEGI)
  • ● オーストラリアジェネリック製薬協会(GMiA)(2015 年 7 月より再加盟)
2.IGPAの活動

IGPAは国際的なジェネリック製薬協会の連盟であり、情報交換、薬事、知的財 産権、医療制度、医薬品価格等を国際的なレベルで調査研究し、関連する各国や地域の行政当局や世界保健機関(WHO)、世界貿易機関(WTO)、世界知的所有 権機関(WIPO)、日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)等の国際機関に意見具申を行っています。


IGPAの内部の組織として下記の委員会があります。

  • ● 運営委員会:全般業務の立案・決定・実行
  • ● 科学委員会:主としてICHへの対応、薬事規制問題等を検討、WHOとの情報交換
  • ● 知的財産委員会:知的財産権(IP)問題の各国の課題の検討、WIPOとの情報交換
  • ● 国際貿易委員会:各国の医療・薬価制度の検討、他国間貿易協定交渉に関わる必要な対 応を検討、WTOとの情報交換
  • ● バイオシミラー委員会:バイオシミラーについての各国の承認要件に係る課題の検討、 各国の必要な情報交換及び対応の検討

詳細は、HP の各委員会の説明に記載されておりますので、ご参照願います。

3.IGPAの年次総会

IGPA の年次総会は加盟するジェネリック医薬品協会が主催し、世界の異なる場所で開 催されてきました。今年はカナダジェネリック医薬品協会が IGPA 運営の事務局役を担 当しており開催場所としてカナダ・トロント市が選ばれました。年次総会は通常、総会 前ワークショップが総会前日に開催されることがあり、その後 2 日間の本会議が開催さ れることになっています。
最近の開催地は、アメリカのマイアミ(2014 年)、ベルギーのブリュッセル(2013 年)、 日本の京都(2012)、南アフリカのケープタウン(2011 年)、インドのムンバイ(2010 年)、 カナダのモントリオール(2009 年)スイスのジュネーブ(2008 年)となっています。


4.IGPAが最近発出した文書

IGPAは必要に応じ、共同文書をまとめ、関係機関に提出し、HPに掲載しております。 最近発出された主な共同文書としては以下があります。
これらはすべてHPのNewsとして掲載されておりますので、ご参照願います。

  1. IGPA Files Recommendations for USTR 2015 special 301 Review
  2. Growing support for shared ethical principles from healthcare and medicines providers
  3. IGPA letter to ICH Stealing Committee
  4. IGPA Statement on the TPP Negotiations