ホーム  > JGAとは  > JGAニュース  > 2019年  > JGAニュースNo.132(2019年.4月)  > 新社長ご紹介

背景色

新社長ご紹介

社長就任ご挨拶

株式会社ポーラファルマ

代表取締役社長 中道 淳一

 ポーラファルマは、2019年1月1日にサンファーマグループの一員となりました。サンファーマグループの日本事業責任者として、同日よりポーラファルマの代表取締役社長に就任した中道淳一です。

 サンファーマグループは、1983年にインドで創業し、アメリカで育った製薬企業です。典型的なジェネリック医薬品企業と異なるポイントは、新薬開発のための基礎研究を行っていること、垂直統合を進化させて医薬品原体を製造していること、そして経口製剤だけではなく特殊な無菌製剤から吸入剤、外用剤まで幅広い製剤の開発・製造能力を保持していることが挙げられると思います。サンファーマ創業時に当時の医薬品産業の主流であった抗生物質よりも中枢神経系薬剤にフォーカスして、現在の発展の礎を築いたように、当社のDNAには「差別化」というキーワードが脈々と受け継がれています。現在では、皮膚科領域、がん領域、眼科領域に焦点を絞り、生物製剤など新薬を含めた事業展開をグローバルで推進しており、日本でもスペシャリティジェネリック企業として成長戦略を組み上げています。皮膚科領域に特化してきたポーラファルマの取得は、このようなグローバル事業戦略と完全に整合しており、日本においても皮膚科領域を一番のプライオリティ領域としてさらに推進していきます。
 ポーラファルマとサンファーマは2020年1月1日に合併し、新生「サンファーマ」となります。今後とも、サンファーマグループの一員となったポーラファルマをよろしくお願いします。

社長就任ご挨拶

岩城製薬株式会社

代表取締役社長 西久保 𠮷行

 本年1月31日に岩城製薬株式会社の代表取締役社長に就任いたしました。
 弊社は1931年に創業し今年88周年を迎え、イワキグループにおける主要子会社として、医療用医薬品、一般用医薬品、医薬品原料、医薬中間体から化成品の製造販売及び医療機関向け化粧品の販売まで、幅広いお客様にご愛顧頂いております。
 ジェネリック医薬品におきましては、近年、皮膚科に特化した品揃えを進め、外皮用剤では国内トップクラスの製販と自負しております。
 また、弊社静岡工場のジェネリック医薬品原料は、日本ジェネリック製薬協会(以下:GE薬協)ご加盟の各社様をはじめ国内外のお客様にご愛顧頂いており、日本の原薬メーカーとして信頼され、社会に貢献し続けられるよう弛まぬ努力を続けております。
 おかげさまで近年は、ジェネリック医薬品市場の拡大とともに、弊社も比較的順調に成長してまいりました。
 一方、2020年以降のジェネリック医薬品市場を取り巻く環境は混沌としており、医療へのIT化やAIの浸透も含め、業界全体が大きく変貌していくものと考えられます。
 弊社といたしましては、GE薬協加盟企業として、引き続きジェネリック医薬品業界に貢献できますよう、各社様との連携を深めさせて頂くとともに、新たなビジネスモデルにも挑戦してまいります。
 どうぞ今後とも、ご指導、ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い申し上げます。