スクープ!鷹の爪

ジェネリック医薬品業界で一体何が起きたのか!?
そして未来に何が起こるのか?鷹の爪団が導き出す真実とは?!目指せ大スクープ!

どうして品薄!? ジェネリックの今!

現在、すべての医薬品のうち、およそ60%といわれるジェネリック医薬品。そのジェネリック医薬品が品薄だということをご存じでしょうか?2020年に起こった一部のジェネリック医薬品メーカーの不適性事件。それ以来、操業を一時停止するメーカーや自主回収をするメーカーがあったため、市場に流通するジェネリック医薬品の総量が減ってしまいました。その総量が減った状態が、2022年の現在になっても続いているので、品薄になっているのです。一方で、ジェネリック医薬品を希望する患者さんは年々増えているのが実情。とある薬局では、処方されているジェネリック医薬品がない場合に、主成分が同じである別メーカーのジェネリック医薬品をお薦めする場合があるそうですが、やはり普段と違う医薬品を使うのは不安という患者さんの声もあるそうです。そもそも2020年に起こった一部のジェネリック医薬品メーカーの不適正事件とは、どのような事件なのでしょうか?そして、2年以上経過したいまも、供給が追いつかず、ジェネリック医薬品が品薄なのはどうしてなのでしょうか?次回はその不適正事件の内容と、ジェネリック医薬品メーカーの工場の現状と課題に迫ります!

用語解説① ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)と言って、いわゆる特許が切れた新薬と同じ有効成分で作られた医薬品のことで、ジェネリック医薬品は開発費が抑えられるため、新薬より安価に同じ成分の薬を作りことが可能。ほかにもジェネリック医薬品の特長があるが、詳しい情報は日本ジェネリック製薬協会のホームページにも掲載している。

coming soon